30歳からの田舎暮らし ~伊豆に移住しました~

旦那さんとたくさんのペットたちと一緒に楽しく生活中。

ニホントカゲの難産記【無事に孵化?】【我が家ではほぼ100%ベタ慣れ】

 

   

 

ニホントカゲは、東北や北海道にはいないって本当ですか??

その地域にお住まいの方がいたら教えて欲しいです!

 

 

 

↓この子は横浜市ニホントカゲ

 

うちで飼育を始めた子は、みんな人に怯えず慣れてくれる子ばかりです。

 

f:id:chunkoro:20200830160650j:plain

『ニンゲン怖くない。よゆ~』

 

 

 

 

私は静岡・東京・神奈川にしか住んだことがありませんが、小さいときからもうおなじみのトカゲさんです。

 

子供は尻尾が青くてとっても綺麗なのです…!!

(大きくなってきてもメスは尻尾の青みが長く残りがち)

 

 

 

我が家ではニホントカゲ飼育、そして繁殖も経験しました。

 

 

 

 

6月の中旬、抱卵していたニホントカゲが産卵。

 

f:id:chunkoro:20200830161543j:plain

 

↑これは土に乗せて管理している図。

 

ほかにも綿やティッシュで卵の管理をするケースもあるそうです。

 

 

 

 

で、これが土の中に産卵してたまごを守っているオカンの図↓

 

 

f:id:chunkoro:20200830161714j:plain

 

きゃわいい・・・

 

 

たまごの観察を続けていると分かるのですが、日に日にたまごは大きくなります。

 

 

最終的には産卵時の約2倍に!

 

びっくりしますが本当なんです(*゚ェ゚*)

 


 

↑のたまごの写真を撮ってから約3週間後、雨が降って肌寒い日が2~3日続いたんです。

 

それが原因かは定かではないですが、なんだかたまごが小さくなっている気がして、観察を続けましたが・・・やっぱりどんどんしぼんでいる様子でした。

 

 

 

もうダメかと諦めかけた日の夜、

 

孵化の兆候がありました!

 

 

 

たまごが動いたり、口の先のようなものがツンと張り出したり。

 

 

どうするのが正解なのか分からず、ただただ見守っていました…。゚(゚´д`゚)゚。

 

 

 

そしてさらにたまごがしぼんできて、顔が出ました。

 

 

f:id:chunkoro:20200830162915j:plain

 

 

最初は目も開いてなくて、たまに動くけど疲れ切っているような感じ。

 

 

どうしたらいいかわからないけど、なんだかとても乾燥している気がしたので綿棒で少し水を与えてみました。

 

 

すると呼吸が安定してきて、目も開いた!!

 

 

たまに力強く出てこようとしています。

 

 

 

しかしここからなんと4時間・・・

つきっきりで見守っていましたが進展はなく(泣)

 

 

深夜2時、少し仮眠・・・。

 

 

しかしなんだかよく眠れず、4時には起きて旦那さんと会議。

 

 

 

 

中の羊水てきなものが全部出てしまったのか乾いていて、潤滑油となるものがなにもないように見える。これではおそらく出てこれない。。

 

 

ということで、卵を破ってあげることを決意…!

 

 

 

やはりたまごの表面が乾いたゴムみたいな性質で、人の力でもなかなか破れないくらい伸縮性がありました。

 

 

 

大きさとしてはこのくらい。

f:id:chunkoro:20200830163842j:plain

 

すごく小さいです。

 

 

 

首元のたまごを破くとラクになったのか、元気に動き出したー!!

 


そのままお手伝いしつつ、無事に生まれました。

 

 

f:id:chunkoro:20200830164207j:plain

 

 

えらい難産になってしまいました。。

 

普通は孵化するときの手助けをしないほうがいいとも言われているし、野生だったらこの子は生まれることができず死んでしまう命だったかもしれません。

 

それが自然の摂理でもあるのかもしれない。

 

 


だけど実際目の前にすると・・・

 

この子の親(つがい)のときから世話していて卵をうんで、赤ちゃんが生まれるときを夢見て喜んで世話してきたことを思うと…(゚´ω`゚)

 

 

 

自分たちのエゴだという自覚もしていますが、もし奇形でも短命でもこの子が死ぬまでウチで面倒見ると心に決めて(もともとその予定でしたが)、苦渋の判断でした。

 

 

幸い奇形などもなく、元気いっぱいです。

 

 

 

 

ちなみに

 

うちでは卵を管理したパターンと、オカンに任せるパターンと両方試しました。

 

結果としては、当然かも知れませんがオカンに任せたほうが孵化率も高くて安産でした。

 

なのでそれからは毎年、オカンに任せる方式で繁殖しています。

 

 

 

 

ベタ慣れになる要因としては、

 

・いつも同じピンセットでエサ(ミルワーム等)をやる。

 

・いつも同じ場所にエサが来ると思わせる

 

・ピンセットもニンゲンも怖くなくなる

 

って感じでしょうか(。・w・。)

 

 

 

成体をつかまえてきた場合にも有効ですが、ベビーちゃんからこれをすると手のひらに乗ってくるくらい警戒心がなかったりします。(ゆくゆくは野生にもどすのなら可哀想かもしれませんが…)

 

 

 

以上、たった一度だけ経験したニホントカゲの難産記録でした。

 

 

 

にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ イグアナへ
 にほんブログ村 その他ペットブログ リクガメへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
 

 ↑興味があるジャンルへ、

クリックで応援よろしくお願いします♡

 

 

 

↑投票すごく嬉しいです!

 


人気ブログランキング

 

↑おもしろいブログはココで見つけています♪

 

★ 相互リンク様、随時募集中です★